日記ブログは意味ないって言ったの誰??|日記ブログのメリット3選

ブログ運営

日記ブログは「意味がない」って聞いたんですが。

なおきち
なおきち

たしかに…。

日記ブログは意味がないってよく聞きますよね…。

こんにちは、なおきちです。

ブログを始めていろいろとググっていると、

「日記ブログは意味がない」「稼げない」

といった情報を目にしたことがありますよね。

日記ブログって、本当に意味がないのでしょうか。

結論:日記ブログだっていいんですよ。

今回の内容
  • 日記ブログは意味がない?
  • 日記ブログのメリット3選
  • そもそもブログにおいて「意味」って?

ブログを始めたけど、日記くらいしか書くことがないし…。

なんて、もう嘆く必要はありません。

なおきち
なおきち

わたしがブログを始めて約2年半、「日記ブログ活」で得られたものはたくさんありますよ♪

スポンサーリンク

日記ブログは意味がない?

ブログを始めた人間が、必ずと言っていいほど耳にしたことのある言葉。

「日記ブログは意味がない」

おそらく、ブログをやってみたことのある人なら、一度はGoogle先生の検索結果で目にしたことがあるでしょう。

しかし、日記ブログって本当に意味がないのでしょうか。

日記ブログのメリット3選

わたしがブログを始めてから約2年半。

当ブログも、いわゆる日記ブログ的な記事がほとんどです。

特に「筆者のひとりごと」というカテゴリなんて、

「お酒を飲んでブログを書いてみた」

「手足を温めると気分がラクになる」

のようにバカみたいな日記ブログしか存在しません。

なおきち
なおきち

ひどいものです…

それでも、2年半のいわば「日記ブログ活」で感じたメリットは大きく分けて3つあります。

メリット1:ブログ記事を書くことに慣れる

まず、日記ブログを書き続けることで、ブログの記事を書くこと自体に慣れてきます。

ガッツリと稼ぐ用の記事をひたすら書いて、SEOやライティングのこととかもしっかり勉強して記事を書くのに慣れていく方もいると思いますが、そういう「ガチ」な方法はわたしのようなマイペース人間には向いていません。

日記ブログは、SEOやらPREP法やらパソナの法則やらなんちゃらの法則()とか、まったく関係なしにただダラダラと書けるのがいい。

なおきち
なおきち

ただダラダラ文章を書きたいときってありますよね…。

読み手としては「もうちょっと読みやすい文章を書いてよ」「役立つ情報が欲しいわよ」と思われるかもしれませんが、それでいいんです。

…いいのかよ…

いいんですよ。

だって日記ブログだもの。

メリット2:息抜きになる

日記ブログのメリットとして「息抜きになる」ということも挙げられます。

ブログを始めるとどうしても

「有益な記事を書かなきゃ!」

「少しでも役立つ情報を!」

「収益上げないと!」

と、ブログを通じて誰かの役に立ち、結果として収益化が出来るようにと頑張りがちです。

しかし、頑張りすぎると人間は疲れます。

たまには日記ブログ的な「無益で誰の役にも立たず、収益も見込めない」ような記事を書くことで、かなり息抜きになります。

例えば

今日のできごと
  • 【悲劇】近所のスーパーが閉店
  • 6月に梅雨明けするだなんて
  • 今さらスマホゲームにハマるアラフォー

こちらの三本でお送りします。

某国民的アニメのエンディングのような見出しですが、こんな「ダルっと」した記事でもいいんですよ。

いいの?誰の役にも立たなそうだけど

いいんですよ。

だって日記ブログだもの。

メリット3:親近感を持ってもらえる

日記ブログ的な記事を書くメリットとして、「親近感を持ってもらえる」ということも挙げられます。

暑い暑い。

暑すぎてアイスクリームを日に2個も食べてしまった。

しかもここ一週間、毎日こんな感じ。

そりゃ太るわ。あーあ。

「こんなのTwitterでやればいいやん」

と怒られそうです。

わたしもそう思います。

しかし、このようにTwitterのTweet程度の記事があることで、

「このブログを運営している人はこういう人なんだな」

「こういうことを考えているんだな」

と、読者の方々に親近感を持ってもらえるんです。

事実、わたしが好きなブログの筆者「ぐみん」さんも、日記ブログ的な記事をよく書いています。

どうもお茶漬けはお湯派なぐみんです。

みなさんはお茶漬けはお茶で作りますか?お湯で作りますか?

うちの家族はみんなお茶派らしい。

でもよく考えてほしいんだけど、緑のやつお茶の素みたいなもんやん?ならお茶を入れるなんて無粋というもの。もちろんお茶を入れてお茶漬けを楽しむことは否定しないけど、お湯を入れるのおかしいと思われるのは納得いかない(笑)

とか言ってたらお茶漬け食べたくなってきた。それではまた。

ぐみんブログちゃんねる より引用

こんなこと言っちゃ大変失礼ですが、「誰の役にも立たない記事」そのものですよね?

お茶漬けを茶で食おうが湯で食おうが、知ったこっちゃないよ、という記事です。

なおきち
なおきち

ちなみに私も、お茶漬けは「お湯で食べる」派です…。

しかし、このような「ゆるーい」記事があることで、なんとなく親近感を覚えるんですよね。

ああ、ぐみんさんもお茶漬けを食べるときはお湯派なんだ、そうだよね、お茶漬けの素に入っている緑のつぶつぶが、お茶の素みたいなものなんだよね。

そこにさらにお茶をかけるだなんて、まさに無粋。

わかるわかる…。

という感じです。

このように、「親近感を持ってもらえる」という意味合いでも日記ブログはメリットがあります。

なるほど…。

それなら、もっとブログは気楽に取り組んでもいいのかも?

いいんですよ、だって日記ブログだもの。

ブログの「意味」は人それぞれ

そもそも、ブログの「意味」って何なのでしょうか。

ブログで稼げなければ、はたまた、読者の方にまったく読まれなければ「意味」はゼロなのでしょうか?

答えは「NO」です。

事実、当ブログでは収益はほとんどありませんし、読まれている記事も少ない。

ある時期を境に、収益とPVに関してはもう諦めることにしました。

(それでも緩やかですが、収益もPVも増えていってるのは誠に有難いことです…)

じゃあ何のためにブログをやっているのか?と言えば

「楽しいから」

という一点に尽きます。

Q.「なぜ山に登るのか」A.「そこに山があるから」

という、登山家の心理に似ているかと。

稼げなくたって、読まれなくたって、ひたすらに文字を打ち込んで「公開」ボタンをクリックしたときのあの達成感。

わたしが「ブログをやっててよかったなー」と一番感じる瞬間です。

ブログをやることに深い意味なんてないですし、無理に意味づけをしようとしなくてもいいんです。

しいて言えば、ブログをやっている本人が楽しく運営できている、という事実そのものに「意味」があるんじゃないでしょうか。

まとめ

日記ブログだっていいんです

【日記ブログのメリット3選】

  • ブログ記事を書くことに慣れる
  • 息抜きになる
  • 親近感を持ってもらえる

楽しんでブログ運営していればそれでOK

「日記ブログは意味がない!」なんて悲観して、ブログを辞めようとしていませんか?

もったいない、嗚呼もったいない。

たとえ稼げなくても、読まれなくても、「楽しい」「達成感がある」と、ブログを面白がれたらしめたもの。

稼がなきゃ!読まれなきゃ!などと肩肘張らずに、気楽に日記ブログでもやりながら細く長いブログ運営を続けてみてはいかがでしょうか。

なおきち
なおきち

地道に続けた先に、思わぬ未来が待っているかもしれませんよ…!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました