「一生懸命頑張ります!!」は人生において無駄だと気づいたアラフォー

ライフスタイル

今日からここで働かせて頂きます!

一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします!!

なおきち
なおきち

新人くん、「一生懸命頑張る」って、無駄だよ?

え…そうなんですか?

(めんどくさいおばさんにつかまったな…)

「一生懸命頑張ります!」とやる気満々のフレッシュマンを見るたび、なんとも微笑ましい気持ちになるアラフォー筆者。

わたしにも、あんな初々しい時期があったんだよなあ、と、遠い目をしてしみじみ思います。

ですがそんな「一生懸命頑張ります!」という言葉。

人生において、まったくの無駄だと知ったら、フレッシュマンの方はどう思いますか?

いやいや、本当に新生活を頑張りたいから「一生懸命頑張ります!」って言ってるんですが…。

そりゃそうですよね。

今回はこのような内容でお送りします。

「一生懸命頑張ります!」って無駄!?
  • 一生懸命頑張った結果、筆者は病んだ
  • 一生懸命頑張る=「無理をする」ではない
  • 一生懸命頑張らなくても、これさえ出来ればじゅうぶん
なおきち
なおきち

わたしはかつて、一生懸命頑張りすぎて苦い経験もしました。

今回はラク~な気持ちで、最後までお付き合いくださいね♪

\りらくるでラク~に/

全国630店舗以上!リラクゼーション店【りらくる】

スポンサーリンク

一生懸命頑張った結果→心身ともに病んだ20代

わたしは自分で言うのも何ですが、真面目な性格です。

というより、「バカ真面目」と言ったほうが正解かも。

とにかく曲がったことは嫌いですし、ちょっとでもズルをしようとしている人を見ては、

なおきち
なおきち

ダメだなあ、そんなことして。

どうして真面目にやらないんだろう。

と、いちいち心の中でイライラしています。

(直接相手に言えないところが、私の弱いところでもありますが…)

そんな真面目な性格のわたしが20代の頃、とくに仕事において言っていた言葉があります。

一生懸命、頑張ります!!

まあ、言いがちですよね。

というか、若くて社会人経験の浅い人間は「一生懸命頑張ります!!」以外に、果たして何といえばいいのでしょうか。

仕事っすか?適当にやりますわ。

ダルいし。

こんなこと言おうものなら、速攻で「明日から来なくていいよ」と言われそうですし。

そのため日本人の若者は、事あるごとに「一生懸命頑張ります!!」と言うのがセオリーのようになっている気がするんですよね。

わたしも若い頃は「一生懸命頑張ります!!」なんて張り切って言い、そして

「社会人たるもの、有言実行でなければならぬ!」

とばかりに、実際に「一生懸命頑張って」働いていました。

するとどうなったか。

一生懸命頑張った結果、心身ともに病むハメに

今からすれば、そんなに一生懸命に頑張らなくて良かったのでは?と思うんです。

一生懸命というより、無理してまで働いたあげくに心身ともに疲れ果て、「うつ状態」と言われるまでに。

(私の”うつ”については下記記事に詳しく書いてありますので、興味があれば読んでみてください)

わたしはバカ真面目な性格ゆえか、仕事においても「手を抜く」ということをしませんでした。

当時のわたしは、「一生懸命」と「無理する」ということを、どうやらはき違えていたのかもしれません。

「一生懸命頑張る」は「無理する」という意味ではない

そもそも、人間は自分がこなせるキャパや能力も人それぞれですし、そして人間の体力、精神力は無限ではありません。

よく「休むのも仕事のうちだよ」と言うのはそのためかと。

しかし20代の若い頃って、そんなこと考えもしなかったんですよね。

何となく無限で働けちゃう気がしましたし、事実、20代は働けちゃったんです。

朝早くから夜遅くまで働き、休みも少ないという環境でも、働けちゃったんですよね。

もはやわたしは、「一生懸命頑張る」を通り越して、「無理」をしていたんでしょう。

ですが、「一生懸命頑張る」と「無理する」が同じ意味かといえば、まったく違います。

車で例えるなら、時速200km超で高速道路をかっとばし、東京から九州までノンストップで休みなしに運転をし続ける、という状況が「無理する」ということ。

これじゃあ車がオーバーヒートしますでしょ。それに運転手もへとへとです。

いっぽう「一生懸命頑張る」というのは、法定速度を守り、途中適度に休憩をはさみながら、余裕のあるスケジュールで東京から九州まで行くようなイメージでしょうか。

要するに「一生懸命頑張る」というのは、自分のキャパシティーを見極め、オーバーヒートをしないよう自己管理をしながら、その中で真剣にものごとに取り組む、という意味なんです。

なおきち
なおきち

無理をして体を壊したら、元も子もなくなりますから。

一生懸命頑張って病んでも、助けてくれる人はいない

切ない事実ですが、当たり前なことをお伝えします。

自分なりに一生懸命頑張りすぎて、心身ともに病んでしまったとしても、助けてくれる人なんていません。

これは、私自身が病んでしまって実感したこと。

なおきち
なおきち

もう限界だ…。

と家から出られなくなってしまっても、

あなたは一生懸命頑張っていましたものね。

朝から晩まで働き、休日も少なく、休めたとしても家事に…

~中略~

こんな生活では病んでしまって無理もないです。

つらかったでしょう。

気にしなくていいから、今は休んでください。

なんて、自分のことをすべて分かってくれる人、助けてくれる人なんていません。

人間は、とかく自分のことで精一杯なんです。

上司とて、一日じゅう部下のことを気にかけてあげるわけにもいきませんし、自分の体と心の限界を知っているのは、自分しかいないんですよね。

それに悲しいかな、一生懸命頑張っている姿って、自分が期待するほど周りから評価はされません。

なおきち
なおきち

サボってる姿って、すぐ目に入るんですけどね…。

そもそも人間はアラフォーともなると、頑張れなくなる

人間は悲しいかな、歳をとります。

わたしもアラフォーという年齢になり、つくづく感じていることがあります。

アラフォーになると、若い頃のように頑張れない

気力、体力ともに衰えを感じざるを得ない今日この頃、やっぱり20代や30代前半の頃とは何かが違います。

疲れも取れにくくなり、立ち仕事の影響か腰痛にも悩まされています。

まだまだアラフォーじゃないの!と年上の方に叱られそうですが、衰えを感じているのは事実。

一生懸命頑張る!なんていうのは若い人に譲って、アラフォー以降は無理せず、ゆるくぼちぼちやればいいと思うんですよね。

…そう言って、若い人に仕事を押し付けようとする上司もいますが…。

なおきち
なおきち

…まあ、中にはいますよね。中には…。

「自分なりのベストを尽くす」これでじゅうぶん

人間、とくに社会人ともなると「一生懸命頑張ります!」と言いがちですが、はっきり言って無駄です。

もちろん、一生懸命頑張るという「姿勢」は大切。

わたしがお伝えしたいのは、

「一生懸命頑張りすぎて、オーバーヒートしてしまうくらいなら、頑張らなくていい」

ということ。

つまり、自分なりのベストを尽くすことができれば、それでいいんです。

一生懸命頑張ります!

(あーめんどくさ。早く帰ってゲームしたい)

内心こんな風に思っていても、「結果」が出せているのなら合格。

もちろん、口先ばっかりでゲームばっかりしていて、肝心の仕事がイマイチ…なんてことでは困ります。

世の中結果がすべてですから。

一生懸命頑張らなくても、結果が出ていればOK

まとめ

 

一生懸命頑張ります!→無駄だと気づいたアラフォー

  • 一生懸命頑張った結果、20代で心身を病んだ筆者
  • 「一生懸命頑張る」=「無理する」ではない
  • 病んでも、助けてくれる人はいない
  • そもそもアラフォーはそんなに頑張れない
  • 「自分なりのベストを尽くす」これでじゅうぶん
    →一生懸命頑張らなくても、結果が出ていればOK

若い頃はとにかく「一生懸命頑張ります!」と言って、オーバーヒートするまで頑張っていました。

しかし、頑張りすぎて自分自身がオーバーヒートしても、車と違って自分を修理するのも自分自身です。

それなら、オーバーヒートしないよう、無理のないようにメンテナンスをしながら生きていけばいい。

アラフォーにしてようやく、気付きました。

たまには頑張っている自分にご褒美をあげたりしつつ、ゆるくぼちぼちやっていきましょ。

この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました