【筆者のひとりごと】お酒を飲みながらほろ酔い気分でブログを書くと

筆者のひとりごと

こんにちは、ハイボール大好きアラフォー、なおきちです。

窓の外ではひぐらしが鳴いています。もう夏ですね。

早速ですが、レモンを多めに絞ったハイボールで一杯やりながらブログを書いています。

ほんと、お酒好きだね。

なおきち
なおきち

お酒は生きがいですよね。

記事を書いているのは土曜日。

何となく”ウキウキ”するんですよね、土曜日の夜って。

一週間働いて、働いて、疲れた体にお酒が入り、楽しくないわけがない。

というわけで、今回は”ほろ酔い気分”のままブログを書いてみます。

酔っ払いのブログなんて、嫌な予感しかしないわ…。

まあそうおっしゃらず。

意外に面白くなるかもしれませんよ?

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

スポンサーリンク

酒飲みな家系に生まれた筆者

お酒が大好きなわたしですが、このお酒好きは完全に遺伝です。

すでに亡くなってしまいましたが、母方のおじいちゃんはそれはそれはお酒が大好きな人で。

わたしが物心ついたころには、いつもお酒を飲んでいました。

(近所でも”酒飲みなじいさん”として有名だったらしいですよ、お恥ずかしい)

その酒飲み遺伝子が、見事にわたしに隔世遺伝しました。

母もお酒が好きな方ですが、わたしほどは飲みません。

父の家系は、対照的に下戸でほとんどお酒は飲めません。

好きなお酒はハイボール、レモンサワー

お酒は全般的に好きですが、とくに好んで飲むのはハイボールとレモンサワーです。

ダイエット目的で、糖質が低いお酒を選んでいた結果、ハイボールとレモンサワーにハマりました。

なおきち
なおきち

ダイエット中のお酒として王道コンビですよね。

ビール、日本酒、ワインもたまに飲みますが、最近ではほとんどハイボールとレモンサワーに落ち着きました。

糖質控えめで、健康的で何よりです。

20代の頃からお酒が好きだった

思えば20代の頃から、お酒が好きでした。

学生の頃は、発売されてまもなくの「氷結」にハマったものです。

なおきち
なおきち

アラフォーという年齢を感じますね…。

それから約20年。

すっかり「酒飲みおばさんアラフォー」と化したわたしが、こうしてほろよい気分でブログを書いています。

ひぐらしの声を聴きながら、たたききゅうりのキムチ和えをつまみに、濃いめのハイボールを喉に流し込む。

あの若かりし頃、こんなにも侘しい光景を誰が想像したでしょうか。

お酒飲んでると、ブログが楽しいかも?

ともあれハイボールは3杯目となり、ほろ酔い加減がただの「酔っ払い」と化してきました。

こんな状態でブログを書いていても、タイピングすらまともではありません。

Back Spaceキーを押す頻度が増し、そこだけAmazonで調達するときが来るかもしれません。

そんなわけないだろ。

なおきち
なおきち

酔っ払いはつまらないギャグを言いたくなるんですよ。

しかし、酔っ払い状態でブログを書いてみて、ひとつ感じていることがあります。

お酒飲みながらのブログ、楽しいかも?

普段お酒を飲まない状態でブログを書いていると、

「読者の方に有益な情報を…!」

「誤字、脱字はないか。文章はおかしくないか」

などと、気を使うこともあります。

しかし、酔っ払い状態で書いていると、好き勝手に書けるのでとても楽しい。

恐らくこの記事は検索流入もほぼ無いでしょうし、ニーズもなんにもありません。

検索流入があったとしても、検索意図としては

お酒を飲んでる人が書いたブログって、どんな感じだろう?

くらいじゃないですか?

とあれば、答えはひとつ。

なおきち
なおきち

酔っ払いがブログ記事を書くと、こんな感じですよ。

ある意味、検索意図にも沿った内容。

筆者は酔っぱらいながら楽しく記事を書き、かつ読者の検索意図にも沿っている。

なんとも有益な内容の記事ではないでしょうか。

お酒がすすんできたので、いったん保存

と、ハイボールを3杯も飲めばかなり酔ってきました。

この酔っ払い状態で書いた記事を公開するのは、いささか不安です。

アホ丸出しなことが書いてあっても、気付かないかもしれません。

そのため、本記事は一旦ここで保存。

なおきち
なおきち

公開するかしないかは、明日以降のわたしに託します。

一夜明けて読み返してみた

おはようございます。

酔っ払いから一夜明けて、しらふに戻りました。

早速、昨夜ハイボールを3杯も飲みながら書いた記事内容を、しらふの状態で読み返してみました。

率直な感想↓

ほろ酔い気分で書いたブログ、全然面白くない。

昨夜はお酒の力もあったのか、とにかく楽しく上機嫌でブログを書いていました。

気が大きくなって、変なことも書いてしまったかな?

と少々不安もありましたが、亡くなったじいさんが酒飲みだったことくらいしか書いてないですよね。

なおきち
なおきち

じいちゃん、ごめんよ。

何となく楽しい気分になって、ブログも楽しいことを書いていたつもりになっていましたが、全然面白くありません。

「有益記事では?」とか酔っ払い状態で書いておりますが、この記事からは得るものは何もありません。

もし、

いえいえ、読んでいるだけで、ほろ酔い気分の楽しさは伝わってきましたよ。

という優しい方がいらっしゃってくださったら、誠にいたたまれない。

そんなあなたは天使です。

「ほろ酔い気分」そしてお酒が進んで「酔っ払い」と化した人間では、こんなバカみたいな内容しか書けないことがよく分かりました。

お酒を飲んで、ブログは書かない方がいいです。

今回、記事を公開するまでもないかな…。

と思いましたが、

なおきち
なおきち

…公開しちゃえ♪

 

恥を承知で、公開することにしました。

この記事を読んでくださっている方には、感謝してもしきれません。

まとめ

“ほろ酔い気分でブログを書くと”
  • とにかく楽しい
  • 好き勝手に書ける
  • しらふに戻って読み返すと…
    →全然面白くない。
  • お酒を飲んだ状態でブログは書かない方がいい

お酒大好きなわたしですが、お酒を飲みながらブログを書くと、グダグダで面白くない記事しか書けないことがよく分かりました。

面白いような気になっていたのは、「酔っ払っていたから」としか言いようがありません。

やっぱりブログはお酒の入らない状態で書くのがベストです。

(そりゃそうだ)

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました