ダイエットのモチベーションが上がらない…筆者おススメ対処法5選

ダイエット

こんにちは、なおきちです。

ダイエットを始めたのだけれど、モチベーションが上がらないのよね…

わたしもダイエット中のため、お気持ちとてもよく分かります。

出来ない自分を責めちゃったりして、気づいたらダイエットから遠ざかっていた…

なんて、心当たりのある方も多いのでは?

今回はわたしが実際におこなっている、ダイエット中のモチベーションの上げ方についてご紹介しますね。

なおきち
なおきち

この方法で、わたしのダイエットは5ヶ月継続していますよ♪

ぜひ最後までお付き合いください。

こんなことが分かります
  • ダイエットのモチベーションが上がらない原因
  • 筆者おススメ!モチベーションを上げる方法5選
こんな方に読んでほしいです
  • ダイエット中のモチベーションが上がらないんだよね
  • なかなか痩せられなくて自己嫌悪に陥っているんだよね
\エステ体験はこちら/

ダイエットのモチベーション、上がらないよね

ダイエットを始めたものの、モチベーションが上がらないことありますよね。

わたしも現在ダイエット中なのですが、どうしてもモチベーションが上がらないことがあるんです。

まずはわたしが経験してきた、ダイエットに対してのモチベーションが上がらないワケを3つご紹介します。

ダイエットのモチベーションが上がらないワケ
  • めんどくさい
  • 体調が悪い(ような気がする)
  • いつも頑張ってるし、今日はお休み

めんどくさい

モチベーションが上がらない理由は、ほとんどがこれでしょう。

「めんどくさい」

あなた、筋金入りのめんどくさがり屋だものね。

 

はい、お恥ずかしながら否定はできません。

ですが

「ダイエットってめんどくさいよね…」

「最初はやる気満々だったのに、いつの間にかめんどくさくなっていた」

と、共感していただける方も多いはず。

なおきち
なおきち

ダイエット始めよう!

とりあえず明日から朝6時に起きて、ウォーキングして、筋トレして、

それから食事内容も見直して…

と、ダイエット開始当初はやる気満々だったにもかかわらず、気づいたら

なおきち
なおきち

…なんかめんどくさくなってきた…

こうなっているんですよね。

そしていつの間にかダイエットを辞めています。

しかし、人間はもともとめんどくさがり屋さんな生き物なんですよ。

詳しくはこちらの記事へ。

体調が良くない(ような気がする)

皆さん、朝起きてこんなことありませんか?

今朝はなんとなく体調が良くない気がするな…

寝込むほどじゃないけど、今日は無理をしないでおこう。

わたしもよくありますが、特徴として

「寝込むほどではない」「動こうと思えば動ける」「だけど何となく無理をしないほうがいい」

こういった感じではありませんか?

いままでの経験上、こういう状態のときって「ちょっと動けば、良くなる」ということの方が多いです。

ですが、人間はついつい自分を甘やかしてしまうもの。

「体調がすぐれないなら無理をしないで、今日は休もう」

この気持ちのゆるみからか、いつの間にかダイエットを辞めてしまっているんですよね。

あくまでも「体調が悪いような気がする」時の話です。
本当に体調が悪いなと感じた時には、決して無理をしないでください。

いつも頑張ってるし、今日はお休み

いつも頑張ってるし、今日くらいダイエットを休んでもいいよね…

 

こちらもよく陥りがちなケースですね。

「わたしいつも頑張ってるから、今日くらい休もう」

と言って一日休んでしまいます。

「チートデイ」と称し運動もせず、好きなものを好きなだけ食べて、お酒も好きなだけ飲む。

ダラダラしちゃうんですよね…

ちなみにパーソナルトレーナーのAYAさんも、土日にチートデイを取り入れています。

チートデイがあるから平日は頑張れる。長い月日をかけて、自分のものにしてきた習慣だから、糖質制限がつらいと感じることはないですね。まずは“やらなきゃ”っていう習慣にしていくことが大切で、それが当たり前になれば、必ず続けられる。土日は必ずやってくるから、絶対に大丈夫!

ダ・ヴィンチニュース より引用

AYAさんはこうして”平日はトレーニングに糖質制限”、”土日はチートデイ”とメリハリを付けることが出来ています。

しかし、わたしの弱いところはAYAさんと違い

「チートデイばっかり」

になってしまいがちなところ。

土日どころか水曜日にもチートデイを取り入れてみたり、勝手に「先週頑張ったから、今週はチートウィーク」と言わんばかりに一週間何もしなかったり…

そして気づいたらダイエットを辞めています。

我ながら、とても情けない…

ダイエットのモチベーションを上げる方法

ご紹介した通り、ダイエットに対するモチベーションが上がらず何度も何度も挫折してきたわたし。

ですがここ最近はわたしにしては珍しく、ダイエットが続いているんですね。

そこで最近わたしがダイエットのモチベーションを上げるために、心がけていることを5つご紹介します。

ダイエットのモチベーションを上げるには?
  • ハードルを下げて、習慣にしてしまう
  • マッチョな人たちの筋トレ動画を見る
  • 「いつ〇〇が来てもいいように」と考える
  • 「これだけで済んで良かった」とポジティブに考える
  • 誰かに見ていてもらう

ハードルを下げて、習慣にしてしまう

こちらの記事でもご紹介した通り、わたしは毎朝「蹲踞(そんきょ)」と、「ロングブレス」を習慣にしています。

1月下旬にぎっくり腰になり、腰痛対策として始めたのですが、今では

「毎朝やらないと気持ち悪い」というレベルにまで習慣化しています。

実はこの「やらないと気持ち悪い」という状態になれば、習慣として完全に身についた状態と言えるんですね。

ですが、何かを習慣化するうえで注意したい点が。

先ほどのわたしのように

なおきち
なおきち

ダイエット始めよう!

とりあえず明日から朝6時に起きて、ウォーキングして、筋トレして、

それから食事内容も見直して…

というように、いろいろと詰め込んでハードルを上げてしまうと、習慣化することは難しいです。

なぜわたしが、蹲踞とロングブレスを習慣化出来たかといえばこちら。

気持ちが乗らないときも、真似だけでいいからやってみる

そう、真似でいいんです。言ってみれば、「エア〇〇」です。

なおきち
なおきち

今日はなんだか面倒だな…

でも蹲踞の真似だけしてみようかな…

と、いわゆる「エア蹲踞」をやってみようとする。これが大切です。

ちなみに実際のところ、蹲踞を「エア」「真似」でなんてできません。

気付いたら「エア蹲踞」=「蹲踞」になっています。

なんでもそうですが最初の一歩を出す時が一番しんどくて、なかなか習慣化できないんですよね。

ですので何かを習慣として身につけたいのであれば、とことんハードルを下げまくることがとても大切です。

エア〇〇が、習慣化のきっかけとなる

マッチョな人たちの筋トレ動画を見る

最近、マッチョな人たちの筋トレ動画を見るのにハマっています。

筋トレの動画を見ていると、なんだか自分もやりたくなってくるんですよね。


ずっと見ていられるくらい大好きです。

ですが、見ただけで自分も筋トレをやったような気になって、満足してしまうこともあります。

これではまったく無意味。愚の骨頂です。

せっかくモチベーションが上がったのですから、先ほどご紹介したように

「エア筋トレ」「筋トレの真似」

からでもいいので、とりあえずやってみましょう。

気付いたら筋トレが習慣になっていた、となれば嬉しいですよね?

筋トレ動画を見たら、ひとまず真似だけでもいいからやってみよう

「いつ〇〇が来てもいいように」と考える

例えばあなたは、比較的服装について自由な会社で働いているとします。

普段は好き勝手な服装で出社していますが、ある日突然上司からこう仕事の指示があったとしましょう。

今度、〇〇社の社長と打ち合わせがあるんだけど。

スーツ着てきてよ。

そこであなたは慌てふためきます。

なぜなら、就職活動以来スーツなんて着たことがないため、着られるかどうかわかりません。

そして家に帰りスーツを着てみると、案の定。

うわー、スーツ入らない…

どうしよう…

仕方がなくスーツを新調する羽目になり、余計な出費が増えてしまいます。

これはあくまでたとえ話ですが、あなたの身にも起きうる話ですよね?

事実、下記のようなことを経験した人は多いはず。

  • 結婚式に招待されたのに、お呼ばれドレスがきつくて入らない
  • デートなのに、太ってしまい着られる洋服がない
  • 上の子の入学式では着られたスーツが、下の子の入学式ではきつくて入らない

そしてそのたびに思うんです。

「ああ、なんでもっと早くダイエットしておかなかったんだろう…」

そして人生のうちに何度も何度も訪れるんです、この後悔。

何度後悔すれば済むのでしょうか。わたしは自分自身に一番問いたいです。

だからこそ、「備えあれば憂いなし」の考えで「いつ〇〇が来てもいいように」サボらずにダイエットをしましょうね!

結婚式のお呼ばれやデート、入学式などが「いつ来てもいいように」と考える

「これだけで済んで良かった」とポジティブに考える

あなたも、こんなことありませんか?

なおきち
なおきち

え、けっこうダイエット頑張ったはずなのに…

1kgも増えてる…

自分なりにダイエットを頑張っているつもりなのに、なぜか体重が減らない。

むしろ以前より増えている…

そうなってしまうと、モチベーションがさらに下がってしまいますよね。

で、結果こうなります。

なおきち
なおきち

もう!こんなに頑張って体重が増えてるなんておかしい!

ダイエットなんてバカバカしいからやめる!

まさに愚の骨頂です。

そもそも、短期間で体重が減るはずがありませんし、一日の間でも体重は変化します。

そんな時、「ダイエット中なのに、1kgも増えてしまった…」と自己嫌悪に陥るからこそ、ダイエットを辞めてしまったりするんです。

ダイエットをしているのに体重が減らない、むしろ増えてしまった時はこう考えましょう。

ダイエットをしていなかったら、体重がもっと増えていたかもしれない。

もしダイエットを気にせず好き放題に食事をしていたら、1kgどころか3kg、5kgと増えていたかもしれません。

それがたったの1kg増で済んでいるのも、ダイエット中だからと節制していたおかげです。

なかなか思うように体重が減らずに嫌になってしまって、ダイエットを辞めてしまったら元の木阿弥。

「一年くらいかけてじっくり痩せよう」くらいの長いスパンで考えて、1kg程度の体重増加は気にせずダイエットに取り組みましょう。

【ダイエット中に体重が増えてしまったら?】

  • 「これくらいで済んで良かった」
  • 「ダイエットをしていなかったら、もっと増えていた」

と、ポジティブに考えよう。

誰かに見ていてもらう

こちらの記事で「ドクター」とお酒のルールを決め、ダイエットをしているわたし。

すると記事を書いた後から、わたしの感情に変化が起こったんです。

なおきち
なおきち

ドクターも見ていてくださってるし、頑張らないと!

お酒を減らすことが出来たのも、ドクターとの約束を守りたい一心だったからです。

おそらくブログにも公開せず、ドクターと約束もせずに自分だけでダイエットを始めていたら、きっとモチベーションが上がらずに挫折していたことでしょう。

身をもって、誰かに見ていてもらうことは効果的だと感じました。

ほかにも、誰かと一緒にダイエットを始める、恋をする、ということも効果的です。

ひとりだとどうしてもモチベーションが上がりにくいもの。

あの人が応援してくれてるから」

「好きな人を振り向かせたい!」

という感情に勝るものはありません。

誰か身近な人にダイエットを協力してもらえば、モチベーションも保てますよ。

ダイエットを誰かに見てもらう、一緒にやることでモチベーションが保てる。
恋をすることも効果的。

まとめ

ダイエットのモチベーションを上げるには?
  • ハードルを下げて、習慣にしてしまう
  • マッチョな人たちの筋トレ動画を見る
  • 「いつ〇〇が来てもいいように」と考える
  • 「これだけで済んで良かった」と考える
  • 誰かに見ていてもらう

ダイエットのモチベーションを保つことは簡単なことではありません。

わたしもダイエット中なのでとてもよく分かります。

ですが諦めてしまったら今までの努力も水の泡。

なんとかモチベーションを維持しつつ、一緒にダイエット頑張りましょうね。

この記事が参考になれば幸いです。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました