【必見】ブログネタが思いつかないときに、やってはいけないこと3選

ブログ運営

ブログを始めたんだけど、

何を書いたらいいの?

こんにちは、なおきちです。

ブログを始めたばかりの初心者あるあるですが、

「ブログネタが思いつかない」

ということでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

わたしも、ブログネタが思いつかなくて本当に苦しい時期もありました。

そもそも、ブログを始めた人が必ずと言っていいほど悩むことです。

ですが、「ブログネタが思いつかないときに、やってはいけないこと」

があることを、ブログ歴3ヶ月ながらにも気付いてしまったんですね…

今回は筆者が気付いてしまった

「やってはいけないこと」をいくつかご紹介していきます!

【こんなことが分かります】
  • ブログネタが思いつかないときにやってはいけないこと。
  • やみくもでもいいから書き続けた方がいいの?
  • 記事が思いつかなければ、ブログを書かなくていい?

ブログネタが思いつかない筆者が悩んでいたこと

ブログを始めて3ヶ月。

ブログ界隈ではよく

「3ヶ月で挫折する初心者ブロガーが一番多い」

なんて言われたりしていますよね。

この言葉とてもよく分かります…

というのも、次のようなことでわたしは悩んでいました。

ブログ3ヶ月目の私が悩んだこと
  • PV数が伸びない
  • 収益ほぼ0
  • ブログネタが思いつかない
  • キーワード選定

とくに

「ブログネタが思いつかない」と

「キーワード選定」は、結構悩みました。

なおきち
なおきち

ブログ記事書かないといけない…

でもネタが思いつかないんだよね…

キーワード選定もなんだか難しいし…

PVや収益については、最初の一年間は期待しないことにしています。

ですのでそこまで気にならないのですが、

ブログというものは記事作成あってのもの。

そもそも一番基本的な「記事作成」においてのネタが思いつかない、

そしてキーワード選定のやり方も上手くないというのは、

ブログ運営において致命的だよなー、なんて落ち込んだりしたこともあります。

そして悶々として何日も記事を書けない日々…

しかし、ある日わたしは思います。

なおきち
なおきち

ネタが思いつかないからって、

このまま立ち止まっていていいのだろうか。

そうです。

悩んでいたってブログは何も進みません。

そしてわたしは、3つの

「ブログネタが思いつかないときにやってはいけないこと」

に気付きました。

ブログネタが思いつかないとき、やってはいけないこと

わたしが気付いたのは次の3つです。

【ブログネタが思いつかないときにやってはいけないこと】
  • ブログネタが思いつかない→ブログを辞めてしまう
  • やみくもに自分勝手な記事を書きまくる
  • 質のいい記事ばかりにこだわり、更新頻度が低くなる

ブログネタが思いつかない→ブログを辞めてしまう

まずこちら。

ブログのネタが思いつかないのは非常につらいです。

だからと言って、せっかく立ち上げたブログを辞めてしまうのは

非常にもったいない。

というか、辞めるのを辞めてください!(語彙力)

ブログを辞めない方がいい理由、こちらです。

【3ヶ月程度で、ブログを辞めない方がいい理由】
  • 3ヶ月程度では、成果はほぼない。
  • グーグル先生に「こういうブログあるんだね」と認知されるのに、大体3ヶ月程度かかる。
  • 資産が減る。

3ヶ月って、言わば「スタート地点」に過ぎないんです。

グーグル先生に知ってもらうのもおよそ3ヶ月程度はかかるとのこと。

ラーメン屋さんに例えるのなら、

【3ヶ月目のブログをラーメン屋さんに例えると】
  • お店の内装工事が終わった。
  • ラーメンのスープが出来上った。
  • 麺が出来上がった。

こんな地点でしょう。

むしろ、まだ開店すらしていません。

ですがそこでラーメン屋の大将が

「お客さん来そうにもないし、開店するのやーめた!」

なんて言ったらどうでしょう?

なんだよそれ。

今までの内装工事やスープも麺も、全部無駄じゃん。

もったいないことするなよ。

そう思いますよね?

ブログでも同じことが言えます。

いままで積み上げてきた記事が、ブログを辞めてしまえばすべて無駄になってしまいます。

これが「資産が減る」ということです。

極端な話、ブログを辞めるのなんていつでもできるんですから、

「3ヶ月目は成果なんて出なくて当然。長い目で見よう」

くらいに気軽に構えてみましょう。

やみくもに自分勝手な記事を書きまくる

ブログネタが思いつかないからと言って、

「自分勝手」な記事を書きまくるのはいただけません。

【わたしの思う「自分勝手」な記事とは】
  • 自分語りな記事
  • 読者の目線に立っていない記事
  • 批判的な記事
  • etc.

またしてもラーメン屋さんを例にすると、このような感じです。

【自分勝手なラーメン屋さん】

  • 「俺はこのラーメンが旨いと思ってるんだ!」
    →(自分語り)
  • 「マズいはずがない!嫌がられるはずがない!」
    →(読者の目線に立っていない)
  • 「駅前の〇〇軒?あそこはダメだ!なってない!」
    →(批判的)

どうでしょう、おそらく

「なんかこのラーメン屋さん、嫌だな…」って感じがしますでしょ。

ラーメン屋さんにしてもブログにしても、

お客さんや読者の方がいるからこそ成り立つわけです。

「ユーザーファースト」

でなければ客足も遠のき、記事だって読んでいただけないでしょう。

「わたしの言いたいことはこれ!」

とか

「わたしのブログは、他とはここが違う!」

などと自分の軸を持ってこだわるのも悪くはありませんが、

まずは「この記事が誰かの役に立つかどうか」

という一番基本的なことだけは忘れないようにしましょう。

質のいい記事ばかりにこだわり、更新頻度が低くなる

そしてこちらは、先ほどの自分勝手記事とは言わば真逆。

「検索されるキーワードを見つけなくては!」

「SEO対策をしっかり考えなくては!」

「こんな記事構成じゃダメだ!」

などと考えすぎてしまい、何も手につかなくなってしまう状態です。

わたしもキーワード選定に手こずり、何も手につかなくなってしまいました。

またまたラーメン屋さんに例えると、このような感じです。

【品質にこだわるラーメン屋さん】
  • 納得のいくスープができなければ、店を開けない。
  • お冷グラスが多少くもっていれば、綺麗になるまで店を開けない。
  • とにかく「万全の状態」でなければ店を開けない。

品質にこだわるラーメン屋さんだったらコアなファンがつくかもしれませんし、

そもそも「万全の状態」にしておくのがプロです。

しかし「こだわりすぎてしまい、何もできない」

というのはいかがでしょう。

あそこのラーメン屋さん、美味しいんだけど閉まってることが多いんだよね…

駅前の〇〇軒は正直まあまあな味だけど、

いつもやってるから今日は〇〇軒に行こうか。

と、なりませんか?

ブログだって、更新頻度が高いサイトの方が読まれやすいです。

ましてや、ブログがラーメン屋さんと大きく違う点は

「下手な記事を書いてしまっても、あとからいくらでもやり直しがきく」

という点。

極端な話、どんどん投稿して、どんどんリライトしちゃっていいんですよ。

ブログを開始して3ヶ月程度じゃ、結果を出している人の方が少ないのが事実です。

キーワード選定だって、コツをつかんでいる人の方が少ないのでは。

肩の力を抜いて、一記事でも多く書いた方が後々の資産になることでしょう。

まとめ~ブログを楽しみましょう~

ブログネタが思いつかないとき、やってはいけないこと3選
  • ブログを辞める
  • 自分勝手な記事を書きまくる
  • 質のいい記事ばかりにこだわり、更新頻度が低くなる

ブログを始めて3ヶ月目。

おそらく挫折してしまう方も増えてくるかと思います。

ですが3ヶ月程度では結果が出ないのが当たり前、

何なら一年間は無収益なのも不思議なことではありません。

それでもせっかくブログを始めたのですから、

順位や収益にこだわりすぎるよりも

「ブログを楽しむ」

ということがとても大切です。

わたしもくじけそうになりますが、初心は忘れるべからずの精神で

コツコツ継続していければと思っています。

この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました