ブログの目標をあえて低くするススメ|美味しいもの食べられたらOK

ブログ運営

絶対にブログで稼ぎたい…!

まずは目標:月収10万円よ!

なおきち
なおきち

いいですね。

でも、目標はもう少し低くてもいいかも?

え?目標を低く?

(何を言ってるのかしら、余計なお世話なんだけど…)

こんにちは、なおきちです。

ブログで月収〇〇万円!という素晴らしい実績のある方を見ると、「自分もああなりたい!稼ぎたい!」って思いますよね?

わたしも憧れを持っていましたので、お気持ちとてもよく分かります。

(何なら今でも、ちょっぴり憧れます)

ですが、目標は高くしすぎると、かえって逆効果になってしまうことも。

今回の内容
  • 目標は低く掲げるのがおススメ!?
  • 高い目標は意味がない?
  • 筆者の昨年の目標
  • 現在の収益は〇〇1個分
なおきち
なおきち

「目標は低く」って悪いことじゃないんです。

最後までお付き合いくださいね。

\サーバーは老舗がおススメ/

エックスサーバー

まずは10日間の無料体験
スポンサーリンク

ブログに限らず”目標”があるのはいいこと

人間、生きていれば必ずと言っていいほど「目標」を設定するときがあります。

目標とひと口に言っても、小さい目標から大きな目標までさまざまですが、今まで何の目標も設定せずに生きてきた人って、そんなにいないと思うんですよね。

目標?そういうのだるいっスわ。

ただ生きていかれればいいんだけど。

このように何の目標もない人もいらっしゃるかも知れませんが、思い出してみてください。

小学校の頃、少しでも足が速くなりたくて一生懸命走る練習をした。

ライバルの子に負けたくなくて、計算ドリルの勉強を頑張った。

こうして子供ながらに「目標」を立てて、努力した経験はありませんか?

我々は子供の頃から自然と、小さい目標を掲げた経験があるんですよ。

ブログに限らず、人間は目標を設定することで成長出来たり、よりたくさんのことを学ぶことができます。

そのため、目標を掲げること自体はとても大切なんですよね。

目標は高く設定しないと意味がないのか

ちなみに、アラフォーのわたしが小さい頃は特にですが、世間では「目標は高く」が良しとされていた風潮があるように思います。

実際に母親からも、「目標は高くしなさい」と言われたりもしました。

テストで90点台を取ってきたとしてもあまり褒められず、「次は100点を目指しなさい」と。

次は頑張って100点を取ってきたとしても「これを維持できるように頑張りなさい」と。

とにかく昔の母親というものは

「目標はより高く。低い目標では意味がない」

と言わんばかりに子供にプレッシャーを与えたものです。(うちだけ?)

確かに高い目標を掲げることで、より一層頑張れたり努力できたりすることもあるでしょう。

しかし、目標を高くすることって、なんだか疲れませんか?

年収1000万円を目指すぞ!

 

絶対に10kg痩せるわ!

このように高い目標を掲げて、目標に向かってまい進できる人は素晴らしいと思います。

しかし、人それぞれだと思いますが、わたしは目標を高く設定すると、疲れちゃうんですよね。

なおきち
なおきち

“まだまだ頑張らなきゃいけない”と思うと、なんだか疲れるんです…。

高い目標を掲げた結果、疲れてしまって何も手につかなくなったこともしばしば。

それって、本末転倒ですよね。

目標を高く掲げすぎるのも、考えものだと思うんです。

わたしが昨年掲げたブログの目標

昨年の8月、わたしは当ブログ運営について次のような目標を掲げました。

ブログ運営、今後の目標
  • 2020年12月31日までに【100記事公開】
  • 2021年2月7日までに【月1万円の収益】
  • ブログを、とにかく楽しみながら継続する

この中では、一番最後の

「ブログを、とにかく楽しみながら継続する」

しか目標達成できていません。

2021年7月の現在も、100記事はおろか月1万円の収益も達成していません。

なおきち
なおきち

ブログってなかなか手ごわい…。

ふたつの目標を達成できなかった原因として、「目標を高く設定しすぎた」ことが考えられます。

わたしが掲げた目標を整理してみる

結果を出しているブロガーさんでは、

「500記事達成!」「月収益6桁達成!」

という華々しい実績を公開されている方もいらっしゃいます。

そのような華々しさに比べたら、わたしが昨年掲げた

「100記事」「月収益1万円」

という目標は、一見すると身の丈に合った、低めの目標に思えるかもしれません。

しかしいったん冷静になり、目標を掲げた当時の我がブログの現状を整理してみます。

2020年8月の当ブログ状況

  • 総収益→うまい棒約68本分(アドセンス:約8本、ASP:約60本)
  • 記事数→51

まず、記事数は目標の半分程度。

記事数に関しては言い方は乱暴ですが、闇雲に記事をいくつも書いていけば増えていくため、目標を達成できなかった理由としては

「作業量の少なさ」が挙げられます。

問題は「収益」。

2020年8月当時、総収益は「うまい棒68本分」という結果でした。

総収益です。月間の収益ではありません。

当ブログは2020年の2月にスタートしたため、単純に1ヶ月分の収益に換算すると、うまい棒換算で約1本…。

…ほとんど”ゼロ”に等しいよね…。

なおきち
なおきち

…いちおう、二桁ブロガーです…。

つまり、「ほぼ収益ゼロ」という現状をしっかり把握できていなかったにも関わらず、「月1万円」という高い目標を掲げていたわけです。

仮に、月に5000円ほどの収益があるのであれば、1万円という目標を掲げるのもわかります。

しかし、わたしの場合は何の根拠もなく、ただ何となくで「1万円」という目標を設定していました。

「月に1万円の収益」は、他のブロガーさんと比べたら身の丈に合った目標に感じていましたが、実際は現実離れしている目標だったんですね。

目標をあえて低くすることの大切さ

高い目標を掲げることによって、より結果を出すこともできるかも知れません。

しかし、現実をしっかり見極めたうえで、目標は「あえて」低く掲げることも大切です。

重要なのは「達成感」。

「どんなに小さくてもいいから、達成感を感じること」

そうすれば、自信がつき、自分の価値を感じられるようになります。人は成功を体験し、達成感を得ることで、「次はもっとがんばろう」という意欲が湧いてきます。

現代ビジネス より引用

そのためには、あえて絶対にクリアできる目標を設定し、それを連続してクリアしていくことも必要です。

現代ビジネス より引用

つまり、高めの目標を設定してなかなか目標達成できないよりも、低めの目標を設定して少しずつクリアしていき「達成感」を感じた方が自信がつくんですね。

現在のブログ状況→美味しいプリンが食べられる

現在のブログ状況は、ざっくり下記の通りです。

現在の当ブログ状況
  • 月間PV→約900
  • 月間収益→約うまい棒30本
  • 記事数→96記事

おかげさまで、ゆっくりペースではありますが、少しずつ成長していることがわかります。

なおきち
なおきち

月に1本だったうまい棒が、1日1本にまで増えました。

こんなにも”ゆるぼち”ペースで更新していているのに、成長が感じられるのは有難いことですよね。

現在の収益はうまい棒が月に30本買えますが、他で例えるなら

月に一回「ケーキ屋さんの美味しいプリン」が買えるほどの収益です。

1年半もブログやって、プリン?

確かにブログで稼ぐことはとても大変。

期間は1年半、100記事近くの記事を書いて、1ヶ月にプリン1個だけですよ。

“ゆるぼち”ブログ更新では、これが現実です。

ですが、プリンが大好きなわたしにとって、「ブログ収益で美味しいプリンが買える」という事実はウキウキしかありません。

それに、買えるものはうまい棒からプリンと、少しずつですが確実に成長しています。

まさに先ほど挙げた「達成感」も感じられました。

ブログでもあえて低い目標を設定し、少しずつ自信をつけながらステップアップしていくことが大切だと感じました。

なおきち
なおきち

次の目標は、「プリンとシュークリーム」が買えるくらいになれば…。

まとめ

目標をあえて低くしてみるススメ
  • ブログに限らず”目標”があるのはいいこと
  • 目標は高く設定しないと意味がないのか
    →高すぎる目標では疲れてしまう。
  • 昨年掲げたわたしのブログ目標は、身の丈に合っていなかった
  • 目標をあえて低くすることの大切さ
    →低い目標を何度もクリアして「達成感」を得ることが重要。

ブログでもなんでも、人間は目標があることでより成長できます。

ですが、高すぎる目標を掲げた結果、疲れ切って何もできなくなってしまうのは本末転倒。

目標はあえて低く、少しずつクリアしていき「達成感」を感じることが重要なんですね。

この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました