アラフォー独身女性は”こだわり”が強くて人生損しているかも…。

アラフォー

アラフォー独身女性って、こだわりが強い印象があります…。

なおきち
なおきち

おっしゃる通り…。

アラフォー独身女性は、こだわりが強い人が多いです。

実はわたしもそのひとり…。

 

アラフォー独身女性って、けっこうこだわりが強い印象ありませんか?

かく言うわたしも、なかなかこだわりが強い人間だと自分でも感じます…。

こだわりが強いから独身なのか、独身だからこだわりが強いのか…。

結論:こだわりが強いと、人生うまくいかないかも!?

今回は次のような内容でお送りします。

今回の内容
  • アラフォー独身はこだわりが強い!?
  • わたしがこだわっていたこと
  • こだわりが強いと、人生うまくいかない!?
なおきち
なおきち

わたしもこだわりが強くて、損してるかも…。

\ドメイン取るなら/

お名前.com

スポンサーリンク

アラフォー独身女性はこだわりが強い!?

実際に世間ではアラフォー独身女性って、こだわりが強いと思われているんでしょうか…。

Twitterでリサーチしてみました。

確かにアラフォー独身女性は「こだわりが強い」という意見が多いですね…。

アラフォーで人生経験が豊富な分、人を見る目も肥えているのでしょう。

「結婚相手には妥協したくない」「付き合う相手は選びたい」

という意見のアラフォー独身女性も多くいらっしゃいます。

その気持ち、とてもよくわかります。

なおきち
なおきち

妥協はしたくないですもんね…。

実はわたしは過去に、知人に「こだわりが強い」と指摘されたことがあります。

あなたってこだわりが強いわよね…。

もう少し、こだわらなくてもいいんじゃない?

ううむ…、今思い出しても耳が痛いですね。

「わたしはこだわりが強いかも」と自覚があった分、この言葉は心に刺さりました。

わたしが「こだわりが強い」と言われてしまった理由は、次のようなことが原因かと思われます。

アラフォー独身である筆者が「こだわって」いたこと

わたしは、次のようなことにこだわっていました。

筆者がこだわっていたこと
  • いつも同じ髪型
  • いつも似たような服装
  • 仕事の手順
  • ペットボトルの水は某メーカーしか買わない
  • 靴は右足から履く
  • 階段は右足から登る

髪型や服装に関しては、「冒険」することが嫌いなのでしょう。

美容室に行っても

なおきち
なおきち

同じような感じで。

としかオーダーしません。

美容師さんからしてみたら、張り合いがないのでしょうか。

もしくは、そのほうがラクなんですかね?

服装もいつも同じような格好しかしないため、

たまにはスカートでも履いてみたら?

と友達からアドバイスをもらったりしますが、

なおきち
なおきち

…スカート、似合わないし苦手なんだよね…。

と、試そうともしません。

アドバイスをくれる友達には、いつも申し訳ないと思っています…。

そして仕事の手順はいつも決まっています。

効率の良し悪しではなく、いつもと同じにやらないと何となく気持ちが悪い。

さらに、飲む水のメーカーまでこだわっていた時期もあり。

極めつけは、靴を履いたり階段を上ったりするのは必ず「右足」からでないと、なんだか不吉なことが起きそうな気がするんです。

なおきち
なおきち

左足から履いてしまった靴を、また脱いで右足から履きなおしたこともあります…。

こだわるわね…。

独身に限らず、こだわりが強いってダメなこと?

ご紹介した通り、なかなかの「こだわりの強さ」を持っている筆者。

年齢を重ねるごとに少しはマイルドになりましたが、いまだにこだわりの強さを自分でも感じます。

ところで独身に限らず「こだわりが強い」って、ダメなことなんでしょうか…。

Twitterでの声は…

「こだわりが強い」ことについて、Twitterでのリアルな声を集めてみました。

こだわりが強い人に対して、「視野が狭い」「めんどくさい」「行き詰まって自分を苦しめる」などと厳しい意見も目立ちます。

確かに、さまざまなことにこだわって生きるよりも、あまりこだわらずにおおらかな気持ちでいたほうが、生きやすいのかもしれません。

人生は、こだわりすぎず、執着しすぎず

ふと思い返せば、こだわりの強い性格であるわたしは、時に生きづらさを感じたりもします。

いろいろとこだわるがゆえに、疲れてしまうこともありました。

しかしこれは、当記事を書いたことにより、客観的に自分を振り返ってみて初めて気付いたことです。

なおきち
なおきち

自分のことって、自分が一番よくわかっていないのかも…。

さらにアラフォーという年齢からか、次のようなことにコンプレックスを抱いていたように思います。

  • もういい歳なのに独身。
  • 子どももいないし…。
  • 彼氏もいないし…。

知らず知らずのうち、「アラフォー女性は結婚して子どもを持つべき!」という固定観念で自分自身を苦しめていたのかも知れません。

ちなみに、こちらの記事 では自分でこんなことを書いています。

焦れば焦るほど、人生はうまくいかないんですよね。

大丈夫、焦ってしまうのはあなただけじゃないんですよ。

生き方が多様化してきている現在、独身で子どもを持たない選択をする人も増えています。

偉そうに言っているわたし自身が、一番結婚や子どもにこだわって、焦っていたように思えます…。

なおきち
なおきち

人間、ときには自分自身を客観的に見ることも大切かも…。

こだわらず、執着しないほうがうまくいく?

人生は、あまりこだわらず、そして執着しないほうがうまくいくのかもしれません。

ネットではこのような体験談もありました。

私も実は「もう結婚しなくていいや。一生一人でいる」と宣言してから一年くらいで結婚してしまいました。

なんだか不思議なもので、諦めた途端に素敵なパートナーが現れるのです。

個人的な体感としては、やはり一度諦めるとガツガツしなくなるんですね。恋愛に対して非常に肩の力が抜けた状態でした。

杉並デート より引用

よく聞きますよね。

「恋愛を諦めたとたんに彼氏ができた」

「独身でいいやと思っていたら、結婚できた」

要するに「どっちでもいいや」と、肩の力が抜けることで視野が広がり、気持ちに余裕が生まれるからなんでしょう。

特にアラフォー独身女性は、ガツガツと恋愛や結婚にこだわりすぎると、怖がられます。

あまりこだわらず、執着せず、自然体でいたほうが素敵な未来が待っているかもですよ。

 

まとめ

アラフォー独身女性は、あまりこだわらず、執着せずがちょうどいい
  • アラフォー独身女性は、こだわりが強くなりがち
  • 筆者も、結構こだわりが強い人間です…。
  • こだわりが強いことで自分自身を苦しめることも
  • こだわらず、執着しないほうが人生うまくいくかも

アラフォー独身女性は、どうしても「こだわり」が強くなってしまいがち。

かく言うわたしも、こだわりが強いアラフォー独身女性のひとりです。

こだわりが強いから独身なのか、独身だからこだわりが強いのか…。

そんなことはもう、こだわらなくてもいいじゃないですか。

人生はこだわりすぎず、執着しない。

おおらかな気持ちでいれば、きっと以前よりも生きやすい未来が待っていますよ。

この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました