酒飲みな筆者がお酒を我慢せずに一年間ダイエットをやってみた結果

ダイエット

こんにちは、なおきちです。

さて、「酒飲みダイエットチャレンジ企画」のご報告、今回で最終回となりました。

結論:グダグダな結果で終わりました…。

どのようなグダグダだったのか、どうしてうまくいかなったのか。

自分なりにまとめてみましたので、どうぞ最後までお付き合いください。

なおきち
なおきち

グダグダすぎて、まことに情けない…。

スポンサーリンク

酒飲みダイエットチャレンジ企画、開始から一年が経ちました

2021年3月より、「酒飲みダイエットチャレンジ企画」を始めました。

お酒が好きな筆者が、さほどお酒を我慢することなくダイエットに取り組むと、どうなるか、という企画です。

一年を通してグダグダ感が否めない内容となりましたが、それでも一年間続けて来られた事実をひとまず褒めたい。

それでは、一年間の「グダグダ」な結果をとくとご覧ください。

2月28日の現状

「酒飲みダイエットチャレンジ企画」開始から一年経った、2022年2月28日の現状を発表します。

酒飲みダイエット開始時(2021.2.28)のスペック
  • 身長:164cm
  • 体重:71.4kg
  • 体脂肪率:34%
  • BMI:26.4(肥満1度)

2022.2.28時点のスペック

  • 身長:164cm
  • 体重:72.0kg(開始時+0.6kg 前月比+1.2kg)
  • 体脂肪率:34%(開始時+-0% 前月比+1%)
  • BMI:26.77(肥満1度)

…。体重、むしろ増えてるじゃん。

体脂肪率も変わらず…。

「ダイエット企画」とは…。

なおきち
なおきち

お恥ずかしい…。

いやはや、一年間で体重は600g増え、体脂肪率は開始時と変わらないという結果に…。

「ダイエット企画」と称していたのに、この結果は何とも情けない限りですね。

ちなみに一年間の体重、体脂肪率のグラフをご覧ください。

上がって、下がって、また上がる。

まさに「リバウンド」と言っていいでしょう。

一年間、何をやっていたのでしょうか。

こんなにお酒を飲んだのにほとんど現状維持!アラフォー女のぐうたら酒飲み日記♪

というようなタイトルに変えた方がいいかもしれません。

事実、年間を通してお酒はダラダラと飲み続けていましたね…。

2月の飲酒状況

2月の飲酒回数は、下記の通りです。

28日中、19回という結果でした。

寒いとお酒を飲みたくなるので、やはり飲酒の回数は多かったですね。

というより、「寒いから」とか「暑いから」とか、何だかんだでお酒を飲む言い訳をしていたにすぎません。

酒飲みな筆者、もうお酒を控えるのは諦めた方がいいかもしれませんね。

なおきち
なおきち

お酒のない人生なんて考えられません…。

「酒飲みダイエットチャレンジ企画」の反省点

1年間「ダイエット」に取り組んだ結果、大幅に体重が増えたわけではありませんが、600g増えてしまいました。

ほとんど「現状維持」と化したこの企画、果たして「ダイエット」と呼べるのかすら疑問です。

自分なりに反省点もいくつかありました。

おもに、下記の3つが大きかったです。

酒飲みダイエットチャレンジ企画の反省点
  1. 「お酒ありき」で考えすぎた
  2. 「運動しているからいいや」と飲み過ぎた
  3. 短期的な目標がなかった

反省点その1.「お酒ありき」で考えすぎた

まず、「酒飲みダイエットチャレンジ企画」という名称がマズかったかもしれません。

そもそも、一昨年の2020年は「アラフォーダイエットチャレンジ企画」と称した企画を開始。

わたしのダイエットチャレンジが始まりました。

しかし、「アラフォーダイエットチャレンジ企画」も、ほとんど現状維持の結果で終了。

反省点として、「わたしは大好きなお酒を控えるのが難しい」という点が大きく浮き彫りになりました。

そのため、翌年となる2021年からは「酒飲みダイエットチャレンジ企画」を開始。

お酒をあまり我慢せず、ストレスを溜めないダイエット

という、今から思えばなんとも「ゆるふわ」感満載なコンセプトをもって、新たなダイエット企画に挑戦しました。

結果、体重は1年間で600g増え、体脂肪率は変わらない、という情けない結果に…。

しつこいようですが、これではダイエット企画と呼んでいいのか分かりません。

自分の優先順位として「お酒>ダイエット」となっていたのは否定できません。

なおきち
なおきち

大好きなお酒を我慢せず、体重もそんなに増えなかったらいいよね♪

という、「お酒ありき」で「ゆるふわ」な考えこそ、ダイエットがうまくいかなかったひとつ目の反省点です。

反省点その2.「運動しているからいいや」と飲み過ぎた

次に。

わたしは現在も週に2回~3回ほど、ジムで運動をしたり近所の公園でウォーキングをしたりしています。

その「運動しているからいいや」「カロリー消費してるし」という考えから、お酒を飲み過ぎてしまうこともよくありました。

お酒を飲み過ぎると、当然のようにおつまみも欲しくなり、結果としてカロリーオーバーに…。

なおきち
なおきち

なんのために運動したのか分かりません…。

そんな調子では、一年間を通してほとんど現状維持だったこの結果にもうなずけます。

むしろ、ほぼ好きなように飲んで、好きなように食べていたのに、ほとんど現状維持だったのがすごいくらいです。

当然、運動しているからといって、すべてのカロリーが帳消しになるわけではありません。

「頑張ったからいいよね♪」「運動したからご褒美に一杯♪」などと、少し調子に乗りすぎてしまったかもしれません。

反省点その3.短期的な目標がなかった

そして最後に、「短期的な目標がなかった」という反省点が挙げられます。

昨年も「具体的な目標がなかった」と反省点として挙げていましたが、少し考えがざっくりしすぎていました。

どういうことか。

昨年は「なぜ痩せたいのか、いつまでに痩せたいのか」がハッキリしていなかった、という点を反省点として挙げていました。

しかし、「いつまでに痩せたいのか」については、ときどき自らの体重と体脂肪を見直し、

なおきち
なおきち

「〇〇ヶ月後に〇〇kg」痩せる!!

と、長期的に目標を立てたりもしていました。

結果として達成はできませんでしたが、目標を掲げたこと、それ自体は悪くはなかったと思います。

しかし、目標を立てるスパンが長すぎました。

例えば「半年後に5kg体重を落とす」と目標にしたとして、最初の1ヶ月どうなったか。

だらけます。

なおきち
なおきち

まだ半年もあるし、余裕余裕♪

と、「まだ半年あるぞ」とタカをくくってしまい、無意識のうちにダラけてしまうんですね。

そんな調子で半年が経ち、思うように減らなかった体重計の数値を見てテンションは下がります。

そして「そもそも、なぜ自分は痩せたいのか」という疑問が出てくるんですね。

なおきち
なおきち

もうさ、痩せなくても、別にいいじゃん…。

と、自暴自棄になり、またお酒を飲み、おつまみも食べる…。

まさに悪循環となっていました。

これではよくありません。

「なぜ痩せたいのか」はひとまず横におき、「いつまでに痩せたいのか」をもう少し短期的に考えたほうが良さそうです。

2022年のダイエット企画→1ヶ月1kgダイエット

2年にもわたり「ほぼ現状維持」という結果で終わったダイエット企画。

しかし、この2年間がまったく無駄だったわけでもなさそうです。

ダイエット企画の反省点を洗い出していくうちに、これから立てるべき対策も明らかになってきました。

そう、目標をもう少し短期的にしてみることです。

そこで2022年のダイエット企画は、「1ヶ月に1kg体重を落とすこと」”だけ”を目標にしてみます。

それだけ?お酒は?

なおきち
なおきち

お酒は次のように考えたいと思います。

「1ヶ月に1kg減らせそうなら」お酒は飲んでもいい

まず、今までわたしは知らず知らずのうちに「お酒>ダイエット」の考え方になっていました。

昨年の「酒飲みダイエットチャレンジ企画」のコンセプト自体が「お酒を我慢せずにダイエット」というもの。

繰り返しになりますが「お酒ありき」の考え方が少し良くなかったかと思います。

そこで2022年は「お酒<ダイエット」と、お酒よりダイエットを優先とし「ダイエットありき」の考え方にチェンジしてみようかと。

しかしそこは酒飲みな筆者。

お酒をやめることは難しいとわかったので、

「目標の体重に達成できそうなのであれば、お酒は飲んでもいい」

(しかし目標体重に達成できそうになかったら、ちょっと我慢しよう…)

という「ふわっと」したコンセプトで1年間、やってみたいと思います。

なおきち
なおきち

昨年は「ゆるふわ」すぎました…

体脂肪率は少しずつ減っていればOK

しかし体重が減ったとしても、体脂肪率が上がってしまったらよくありません。

筋肉が減り、脂肪量が増えた(もしくは変わらない)という状況と考えられます。

そうなると、筋肉量が減って代謝も落ち、ますます瘦せにくい身体へとなってしまうでしょう。

そこで、体脂肪率については「少しずつ減っていればOK」とします。

具体的に「目標〇〇%」としても良いのかもしれませんが、そこまでカチッと決めてしまうとわたしの場合、すぐに心が折れるのが目に見えます。

なおきち
なおきち

根っからのヘタレなもので…。

そのため体脂肪率については、「数ヶ月スパンで見て、ゆるやかに減っていればOK」という「ゆるーい」目標とします。

数字より見た目を重視する

そして体重、体脂肪率はあくまで「目安」とし、見た目が引き締まっていればOKとすることにします。

参考までに、昨年8月と今年3月のお腹周りを比べてみます。

どちらも中年太りのお腹に変わりはありませんが、3月の方が「ほんの少しだけ」引き締まって見えませんか?

…あまり変わらないように見えるわ。

なおきち
なおきち

「ほんの少しだけ」引き締まって見えるかと…。

実際に、ウエスト周りも87cmから84cmに減りました。

確かにそんなに変わってはいませんが…。

しかし、この「ほんの少し」も、塵も積もれば山となるはず。

体重や体脂肪率は、あくまで「目安」とし、見た目やズボンを履いた時の、「あれ、少し痩せたかな?」という自分の”感覚”を重視していこうかと思います。

まとめ

「酒飲みダイエットチャレンジ企画」一年が経ちました
  • 体重:71.4kg→72.0kg(600g増加)
  • 体脂肪率:34%→34%(変わらず)

3つの反省点

  1. 「お酒ありき」で考えすぎた
  2. 「運動しているからいいや」と飲み過ぎた
  3. 短期的な目標がなかった

2022年は「1ヶ月1kgダイエット」に挑戦

  1. 1ヶ月に1kg減らせそうならお酒は飲んでもOK
  2. 体脂肪率は少しずつ減っていればOK
  3. 数字より見た目を重視する

「酒飲みダイエットチャレンジ企画」は、「ほとんど現状維持」というグダグダな結果で終わりました…。

しかし、1年間に及ぶダイエット企画を通じて、反省すべき点も明らかになりましたし、今後の対策にもつながりました。

2022年は「1ヶ月に1kg減らす」ダイエットに挑戦します。

また1ヶ月後、どうなったか結果をご報告しますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました